東急田園都市線青葉台駅から徒歩10分

受付時間

9:00〜11:15/14:45〜18:45
(18:45からの施術が最終です。土曜のみ17:45)

休診日
日・祝日・木(不定期なお休みが入る場合があります)

お気軽にお問合せください

045-985-3578

腰部脊柱管狭窄症による坐骨神経痛 

お尻や太もも、ひざからふくらはぎなどに痛みやしびれが出ます。  

前かがみになって少し休むと痛みが和らぐことがあります。  

 歩き始めは症状はさほどではないのに、しばらく歩いているとお尻や太ももや膝から下に痛みやしびれが出てきます。また、電車やバスで立ち続けていると同様の症状が出ることもあります。腰の痛みも出ますが、比較的軽いことが多いようです。

 お尻や足の痛みとしびれは左右どちらか一方に出ることが多く、このような症状を「坐骨神経痛」と呼ぶこともあります。腰掛けたり、歩くのを止めて前かがみで休むと痛みやしびれが少し和らぐのが特徴です。

脊柱管(せきちゅうかん)とは

 脊柱管とは背骨にある神経が通るトンネルのようなものです。加齢・労働・あるいは背骨の病気などにより背骨が変形して、神経の通り道であるそのトンネル(脊柱管)が狭くなることを脊柱管狭窄(せきちゅうかんきょうさく)と言うのです。

 狭くなった脊柱管を通る神経が圧迫されることにより、お尻や足に痛みやしびれが出ます。座ったり前かがみになると脊柱管が広がるので症状が和らぐというわけです。

 

このような症状に対する施術方針

まず全身の気が調い、治る力を高めて
いきます。そのために全身のツボに鍼をします。

気が調うと脈の状態も調います。
施術中脈を診ますが、それは拍を見るのではなく強さや浮き沈みなどの微妙な
変化を診ています。
 

 まず全身の気の流れの過不足を調えて、全身の隅々にまで気をめぐらせて治る力を高めます。そのために、手や足・腰・首・お腹など、全身のツボに鍼を施します。これにより全身的に緊張がほぐれて気持ちもリラックスします。ここまではすべての疾患に共通の方法です。
 

脊柱管狭窄症は手術でないと治らないの?

 脊柱管狭窄症は神経を圧迫している脊柱管の狭窄箇所を手術で広げないと改善しないと思われがちですが、鍼治療だけでも改善するケースが多くあります。
 なぜなら、狭窄している背骨が直接に神経を圧迫しているのではなくて、狭窄部の周辺の組織が硬くなり、また神経周辺の血液のめぐりが悪くなることで痛みやしびれが出てきていることもあるからです。
 狭窄部の周囲の皮膚面に鍼を静かに軽く接触させて気の流れを促すと、狭窄部の周囲の血液のめぐりがよくなり、その部分の緊張がほぐれ痛みが軽減していくことが期待できます。

 

お楽になってよかったですね。定期的にコツコツ通われたことがよかったと思います。これからも健康維持増進に鍼をお役立てください。

【施術を受けられた方の感想】50代 女性 

いつもお世話になりありがとうございます。
何をやっても治らなかった症状が徐々によくなり、今ではすっかりよくなり驚いています。本当に先生のおかげです。ありがとうございました。
これからも自然治癒力を高め血流をよくして身体の調子を整えていけたらと思っています。
そして何より、温かい雰囲気の中、施術を受けられることが最高にリラックスできます。

その他のページも是非ご覧ください。

お気軽にお問合せください。

お電話でのお問合せはこちら

045-985-3578

受付時間:9:00〜11:15/14:45〜18:45
    (18:45からの施術が最終です。土曜のみ17:45)

休診日:日・祝日・木(不定休あり)

Menu

新着情報

2021年4月14日 
奏玲治療室の姉妹サイト
「妊婦さんと女性のためのはりとお灸のお部屋」公開しました。

治療室よりお知らせ

奏玲治療室では奇数月に『奏玲通信通信』を発行しています。室長による健康アドバイスなど人気の新聞です。
(冬号11月1日発行)
★室長の健康アドバイス
「お散歩の効能あれこれ」

思いっきり親ばか日記

新シリーズ
「ふわ&ちー&ヴィ(きっと)み~んな仲良し その4」
 

045-985-3578
ご予約はお電話で
   お願いいたします。