東急田園都市線青葉台駅から徒歩10分

受付時間

9:00〜11:15/15:00〜18:45
(18:45からの治療が最終です)

休診日
日・祝日

お気軽にお問合せください

045-985-3578
奏玲治療室が奇数月に発行している新聞です。2021年9月1日発行

奏玲通信2021 秋号

この通信はA4版なのですが、左上にはいつも季節に合わせたヴィちゃんの
写真を載せています。
秋といえば「柿」です。
(これヴィちゃんの宝物)
 

 デルタだのラムダだのさらにミューだの…コロナウィルスは【変異】という狡猾な手段を使って私たちに挑んできます。対する私たちは「手洗い&うがい」「換気」「人込みを避ける」「免疫機能を落とさない生活」+ワクチンで対抗します。
 「慣れほど怖いものはない」と思います。油断なく生活してゆきましょう。鍼とお灸もお役に立てると思います。

 ★室長の健康アドバイスのあとに「三代目盲導犬ヴィと猫のふわふわのいる生活 『ふわとヴィいつも仲良し その7』が続きます。こちらもお楽しみください。★

室長の健康アドバイス
 その症状は上実下虚(冷えのぼせ)が原因かも…

田んぼの稲穂も実ってきましたね。

 鍼灸治療の目的は気の調整です。気は全身をめぐり、皮膚・筋肉・骨・内臓等を温め活力を与えてくれます。下半身に気が多い状態を「上虚下実」(じょうきょかじつ)といいます。健康な状態を表現するものとして「頭寒足熱」という言葉があり、あまり健康でない状態を表現するものとして「冷えのぼせ」という言葉があります。
 「頭寒足熱」=「上虚下実」であり、「冷えのぼせ」=「上実下虚」の状態ということになり、下半身に気が多くめぐっている方が健康的だと言えます。上半身に気が集まりすぎて滞ると、頭痛・めまい・耳鳴り・肩こり・不眠・動悸・息切れ・胸やけ・食欲不振・胃のムカムカ感などの症状が現れやすくなり、下半身に気が不足すると、足腰の冷え・下痢・便秘・夜間頻尿・腰痛・生理痛や生理不順・不妊などの症状が現れやすくなります。  

        ~~~※※※~~~※※※~~~※※※~~~

夏の間冷たいものをとりすぎていませんでしたか?温かい飲み物や食事で
内臓を温めてあげましょう。

 

 夏の終わりのころに現れやすい夏バテも、上実下虚(冷えのぼせ)状態になっていることが多いのです。夏バテは医学的には明確な定義があるわけではなく、暑い季節にみられる体調不良の総称です。症状は様々で、だるさ・気持ち悪さ・胃のムカムカ感・食欲不振・不眠・気分の落ち込みなど上実下虚の時に現れる症状と共通の症状が多いのが特徴です。
 この夏バテとよく似た症状に乗り物酔いがあります。頭がのぼせて冷や汗が出てきて、体がだるくなって気持ちが悪い…というのが乗り物酔いの一般的な症状ですが、この時もたいていの場合上実下虚になっていることが多いのです。乗り物酔いの時には、窓を開けて涼しい空気にあたって頭を冷やすと少しずつ楽になってきますが、夏バテ予防の秘策も「足元は冷やさないようにして頭をのぼせさせないこと」が大切です。 

   ~~~※※※~~~※※※~~~

 眠くなると手足が温かくなるというのが人体の正常な反応です。でも、頭がのぼせて手足が冷たいと熟睡できず、夏の疲れがどんどん蓄積します。例えば、冷たい空気が下に溜まりやすい冷房の効いた部屋でパソコンを使って仕事をしている人の場合は、足腰はほとんど動かさずに、脳と目はフル稼働の状態なので、どんどん気が上半身に集まり「冷え」と「のぼせ」が強まってしまいます。

   ~~~※※※~~~※※※~~~

 年間を通じて体を「頭寒足熱」の状態を保つことが大切です。現代社会では生活形態からしてどうしても「冷えのぼせ」になりやすいので、意識的に散歩やジョギングなど軽い運動を生活に取り入れてみましょう。筋肉運動に伴うポンプ作用で足腰の血液循環がよくなって冷えが軽減します。
 加えて鍼治療で気の流れを調整して、上半身と下半身の血流のバランスを改善させると、手足やおなかが温まって頭がすっきりします。さらに、鍼で肩や背中の緊張を取ることで夏バテの症状は自然に消えていきます。

~~季節の変わり目の身体のメンテナンスに鍼灸を取り入れてみてください~~
 

親ばか日記シリーズ第4弾!!好評連載中(笑)

三代目盲導犬ヴィ2才と猫のふわふわ15才のいる生活
  ふわとヴィ(きっと)いつも仲良し  その7  

8月29日朝4:30頃

ヴィちゃんとふわふわお姉さんの暑かった夏!!

 夏号を発行したのは夏至のころでしたから、朝のお散歩スタート時にはすでに明るくなり始めていたのですが、今はもう1時間近く日ノ出の時間が遅くなったので、この通り「夜」です(笑)。ヴィちゃんも光る首輪をつけます。今年の夏も暑かったですね。

 我が家の毛皮さんたちも元気に暑い夏を乗り越えました。(家の中では冷房をかけっぱなしにしていましたけどね)

 

 

ヴィ、選挙デビュー!

8月22日の横浜市長選にお父さんと一緒に行きました。7時から投票できましたから涼しくてよかったです。アロハシャツ着ておしゃれして行きましたよ。

ここが涼しいんだよ!

レノ先輩の定位置だった冷房下も快適なのがわかったみたい。
ヴィちゃんはかきのぬいぐるみを「プープー」鳴らすので、施術中は退場…残念ですが。

こんにちは~。

最近は患者さんがいらっしゃると↑こんな感じでヴィちゃんがお出迎えしてくれることが多くなりました。ちょっと上目遣いなのが
ヴィちゃん流

ふわ様の新しいベット

 暑い中でも猫のふわふわ様は暑さに挑むようなところがあって…。熱中症になるんじゃないかと心配になります。そこで、今年は新しく「ひんやりベッド」を買ってみました。慎重なふわふわちゃんが気に入ってくれるか心配でしたが、気持ちよかったんでしょうね、ほらこの通り(笑)

我慢大会??

こういう狭いところが好きなの!
(頼むから出てきてください)

あったかくていいわあ~。

猫飼いさんには「あるある」ですよね。どうしてここがいいんでしょうね。ジャストフィット。

「いいわあ、これ!」

新しいものはたいてい数日かけてお試し会をするふわちゃんですが、すんなり寝ていました。

 仲良く同じお布団でくつろいでいることもたまにはあるんですよ。少しずつ距離は狭まっていますね、着実に。

お気軽にお問合せください。

お電話でのお問合せはこちら

045-985-3578

受付時間:9:00〜11:15/15:00〜18:45
    (18:45からの治療が最終です)

休診日:日・祝日

Menu

新着情報

2021年4月14日 
奏玲治療室の姉妹サイト
「妊婦さんと女性のためのはりとお灸のお部屋」公開しました。

治療室よりお知らせ

奏玲治療室では奇数月に『奏玲通信通信』を発行しています。室長による健康アドバイスなど人気の新聞です。
(秋号9月1日発行)
★室長の健康アドバイス
「その症状は上実下虚(冷えのぼせ)が原因かも…」
思いっきり親ばか日記

新シリーズ第二弾
「ふわとヴィ(きっと)いつも仲良し その7」
 

045-985-3578
ご予約はお電話で
   お願いいたします。