東急田園都市線青葉台駅から徒歩10分

受付時間

9:00〜11:15/14:45〜18:45
(18:45からの施術が最終です。土曜のみ17:00)

休診日
日・祝日・木(不定期なお休みが入る場合があります)

お気軽にお問合せください

045-985-3578
奏玲治療室が奇数月に発行している新聞です。  2024年1月1日発行

奏玲通信2024 初春号

新しい年、
今年は「辰」年ということでギザギザお洋服で辰をイメージしてみましたが「鳥っぽい」という声も。

 新しい年が始まりました。元旦から大地震や事故など予想もしなかったことが続きました。「もしここで起きたら…」「もし乗っていたら…」とすべての方が他人事ではない気持ちになったと思います。
 健康であれば様々な逆風にも向かっていけます。それにはやはり日ごろの備えが必要です。「健康は一日にしてならず」です。鍼とお灸もお手伝いいたします。

 後半に盲導犬ヴィと猫のふわふわとちーのいる生活「ふわ&ちー&ヴィ(きっと)み~んな仲良し その11」が続きます。

室長の健康アドバイス
 整った!

1月1日
鶴見川付近で。
今年は気温が高く凍えることなく
初日の出を拝めました。

「生命誕生の時に肉体に入るもの。死とともに出ていくもの」というような生命エネルギーを前提とした治療が世界各地の伝統医術において行われてきました。そのような生命エネルギーをインドの伝統医術では「プラナ」、中国では「気」と呼んでいます。
 現代西洋医学ではそのようなものは存在しえないものだと無視されてきましたが、現代日本の鍼灸治療においては「気を補い整える」という伝統的な方法が受け継がれてきています。
 

   ~~~※※※~~~※※※~~~

 気を一言で表現するなら「大自然に充満するエネルギー」ということになります。古代中国では大自然の変化も人の生命も同じ気によって動いているという「天人合一」の思想があり、大自然には巨大な気の流れが存在するとともに、人体にも大自然と同じ気が流れていると考えます。大自然の気を制御して吉祥をもたらす技術を風水術と言い、人体の気の流れを整えて健康をもたらす鍼灸術を経絡治療と言います。
 「経絡」(けいらく)とは気が流れる道で、全身を網羅しています。経絡には治療点である経穴(けいけつ…いわゆるツボ)が左右あわせて700以上点在しています。経絡を流れている気が不足したり滞ったりすると、自然治癒力が失われて体調不良や病気を引き起こします。全身のどこの経絡に気が不足(虚)していて、どこの経絡に気の滞り(実)があるかを、手首の脈拍の状態を診たり、お腹の緊張状態を診たりして、どこの経絡のどの経穴に鍼を施すかを診断します。経穴に鍼を施して不足している気を補ったり滞った気の流れをよくしてあげると自然治癒力が高まり病気は治ってゆきます。
 

     ~~~※※※~~~※※※~~~

 鍼は刺そうと思えば筋肉の奥深くまで入りますが、そんなに深く差す必要はないのです。なぜかというと治療点である経穴というのは、気が体の深いところから体の表面へと流れ出たり流れ込んだりする部分とか、あるいは浅い池のように気が集まっている部分など、体の浅い所にあるからです。そこに鍼先をやさしく接触させると、体にとって必要な気(生気)は内々の奥までゆきわたり、また体にとって不必要な気(邪気)は鍼を通して体外へ放散してゆきます。

     ~~~※※※~~~※※※~~~

 「元気で健康」というのは、体を流れる気が整っている状態のことであり、「病気で元気がない」というのは、気が不足していたり気の流れがうっ滞している状態のことです。
 私の治療室には痛みやコリだけではなく、「風邪を引いた、胃の調子が悪い、整理が不規則、だるくてやる気が出ない、気分が落ち込む、眠れない…」など様々な症状の方が来られます。「温まった!軽くなった!ゆるんだ!ほっとした!元気が出た!整った!」気の流れが整うとそのような言葉が思わず出てくるものです。

親ばか日記シリーズ第5弾!! 

三代目盲導犬ヴィ5才と
猫のふわふわ18才猫のちー7才のいる生活
  ふわ&ちー&ヴィ(きっと)み~んな仲良し その11  

登場わんにゃんはこの方々

ヴィ5才。♂
お正月はお兄ちゃんといっぱい
遊んだの。

ふわふわ18才。♀
あたしのお兄ちゃん
取らないでよね。

ちー7才♀
ちーもお兄ちゃん好きなの!

ふわふわちゃん18才になりました

常に女王様の風格。

ふわふわちゃんは10年前の1月3日に動物保護団体の「おーあみ避難所」から我が家に来てくれました。

当時我が家には盲導犬を引退したレオ兄ちゃんと、2代目盲導犬のレノがいました。「犬は平気な子」と言われていましたが大型犬だし本当に大丈夫か?と少々心配でした。

おーあみ避難所 ←HPはこちらから

 

ところがところが…

我が家に来て数日で
二頭の大型犬を従える
女王様に君臨

年賀状のお手伝いする
にゃ

お昼寝も一緒

一緒のお布団で。
結構仲良し

 心配は必要なかったですね(笑)。大型犬にこれっぽっちもビビることなくいつもセンターで毛づくろいするふわふわさんでした。

 結構気の強いふわふわちゃんですが、お母さん大好きの甘えん坊さんでもあります。
 ちーちゃんの存在は知っていますが、三毛女子ですから気位が高いのでまだまだ一緒に過ごせません。最近はヴィちゃんとくっついていることもあるんですよ。いつかちーちゃんとツーショットが撮れるといいですね。でも焦らずゆっくりいきます。

ちーちゃんもかわいい表情を見せてくれるようになりましたよ

 年末年始は一週間ほど次男が帰省していました。この次男、不思議と動物たちにモテモテで、ヴィちゃんふわちゃんだけでなくちーちゃんまでもすっかりお兄ちゃんファンになったようです。次男がちーちゃんの可愛い写真をたくさん撮ってくれました。ストーブの前にいつも張り付いていてぽかぽかになっています。美人さんなんですよ。

「6歳時コミュニケーション」に行ってきました。

おやおや、ニコニコカメラ目線の子発見!(笑)

 年末に日本盲導犬協会神奈川訓練センターで行われた「6才時コミュニケーション」にみんなで参加しました。ヴィちゃんと同じころ盲導犬デビューした9頭の現役盲導犬が大集合。シニアになっていく間の健康管理についてや、引退に向けてのことなど、みんなで情報交換できたことはとても有意義でした。
 10才まで元気で現役盲導犬でいてくれて「ハッピーリタイア」できるようにこれからも健康に気を付けてヴィちゃんと過ごしていこうと思います。

 ヴィちゃんの引退…考えただけで寂しくなっちゃうけど。

このコーナーは「盲導犬のこと、正しく理解してほしいな」という気持ちで書いています。

盲導犬は、利用を希望する視覚に障害のある人が、盲導犬候補犬と一緒に寝泊まりしながら約一か月ほど訓練をして、安全に歩行ができると判断されて初めて正式に貸与されます。貸与なので、引退後は盲導犬協会にお返ししないといけません。

お気軽にお問合せください。

お電話でのお問合せはこちら

045-985-3578

受付時間:9:00〜11:15/14:45〜18:45
    (18:45からの施術が最終です。土曜のみ17:00)

休診日:日・祝日・木(不定休あり)

Menu

新着情報

2021年4月14日 
奏玲治療室の姉妹サイト
「妊婦さんと女性のためのはりとお灸のお部屋」公開しました。

治療室よりお知らせ

奏玲治療室では奇数月に『奏玲通信通信』を発行しています。室長による健康アドバイスなど人気の新聞です。
(2024年5月1日発行)
★室長の健康アドバイス
「ゆるんだ!」「気が流れた!」を感じる

思いっきり親ばか日記

新シリーズ
「ふわ&ちー&ヴィ(きっと)み~んな仲良し その13」
 

045-985-3578
ご予約はお電話で
   お願いいたします。